HOME > 会長挨拶
L-SIDE

会長挨拶

Rotary:BE THE INSPIRATION

ロータリー:インスピレーションになろう


2018〜2019年度 小田原ロータリークラブ会長 高木 裕一 今年度バリ―・ラシンRI会長のテーマは「インスピレーションになろう」ですが、その意図が分かり易くはありません。詳しく説明を聞くと「変化」を生み出すための意欲を持つようにしましょうとのことで、結果として一人一人に「変化」を、クラブに「変化」を生み出すことをが求められているようです。
 すなわち昨年度イアン・ライズリーRI会長のテーマ「変化をもたらす」から「変化を生み出すための意欲を持とう」とより根源的になってきている訳です。

 一方で標準ロータリークラブ定款はすでに簡素化され、詳細は各クラブが独自に決定することとされています。そのため画一的なクラブではなく各クラブの主体性、独自性、すなわちロータリークラブの多様性が認められています。
 これにはロータリークラブとしての多様性だけでなく、ロータリークラブの会員一人一人の多様性も含まれます。また多様性をお互いに認めることがより重要になってきているのです。

 小田原ロータリークラブの運営においても会員の多様性を意識し、運営の柔軟性により元気な楽しいクラブを目指していきたいと考えます。そのためにも変革(変化適応、再生、変化創出)を継続する必要があります。
 このことは現状を否定することではなく、状況の変化に適応して、クラブで考え、クラブで話し合い、クラブで判断して、クラブの変革を継続することです。
 その際、各自の多様性をお互いに認め合い、お互いに尊重することが、小田原ロータリークラブが活性化され、その伝統を引き継いで行くことにつながると確信いたします。
 クラブフォーラムを始め、様々な場での話し合いから始めたいと思います。

2018〜2019年度
小田原ロータリークラブ
会長 高木 裕一

R-SIDE

このページの先頭へ